b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンサマービッグセール

 

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

肌が元気であるから、何もしなくても随分と輝いている20代のようですが、若いときに酷い手入れをやり続けたり不適切な手入れを長く続けたり、しっかりやらないと年をとると大変なことになるでしょう。
毎日夜のスキンケアの完了直前では、肌に水分を多く留める美容用の液で皮膚の水分を保護します。そうしても肌が潤わないときは、該当の個所に適切な乳液かクリームを染み込ませましょう。
毎夕の洗顔を行う場合やハンカチで顔の水分を取る場合など、よくあるのは強力に擦ってしまうことが多いです。やさしい泡で丸を描くように強く力をいれることなく洗顔しましょう。
シミは日頃耳にするメラニンと言われる色素が体中に染みつくことでできる、薄黒い模様になっているもののことを指します。困ったシミやその出来方によって、相当なシミの治療方法があり得ます。
美肌を目指すとはたった今産まれたプリンプリンの赤ん坊同様に、メイクなど全然なくても、素肌がキメの整った素肌に生まれ変わって行くことと言ってもいいでしょうね。
頬の質に起因して変わりますが、美肌に悪影響なものは、一般的には「日焼け」と「シミ跡」があり得ます。大衆の考える美白とは、シミやくすみを増やす元を治していくことであると考えることができます。
美白目的のコスメは、メラニンが染みつくことでできる今あるシミ、ニキビ痕や有効成分の乏しいシミ、肝斑にも対応可能です。最先端のレーザー治療なら、皮膚の中身が変化を遂げることで、肌が角化してしまったシミも消失できます。
ビタミンCの多い美容グッズを、嫌なしわの場所に含ませ、体表面からも完治させましょう。いわゆるビタミンCは吸収量が少ないので、毎晩繰り返し追加した方がいいでしょう。
洗顔中も敏感肌体質の人は適当にしないでください。肌の汚れを取り去ろうとしていわゆる皮脂をも落としてしまうと、洗顔行為が肌のバランスを崩すことになると考えられます。
頑固な敏感肌の改善において注意点として、今からでも「皮膚の保湿」を行うことが即効性のある対策です。「顔の保湿」は毎日スキンケアの最も基本的な部分ですが、一般的な敏感肌ケアにも応用できます。
よくある肌荒れで予防し辛いと考えている困った人は、おおよそお通じがあまりよくないのではないかと思われます。実のところ肌荒れの元凶は、いわゆる便秘だという部分に由来する可能性があります。
皮膚をこするくらいの洗顔を毎朝やっていると、肌が硬直することでくすみを作るきっかけになるはずです。手ぬぐいで顔の水分をぬぐうケースでも肌に軽く当てるような感じでパーフェクトに水分を拭けます。
肌に悩みを抱える敏感肌の人は肌が傷つきやすいので、泡を落とすことが丁寧にやっていない状態では、敏感肌体質以外の人と比較して、皮膚への負担が深刻になりやすいということを認識しているようにしなければなりません。
毛穴が緩くなるためじりじり大きくなるので、肌を潤そうと保湿力が良いものをコットンに含ませて肌に染み込ませても、実のところ顔の肌内側の水分が足りないことに留意することができなくなるのです。
軽い肌荒れや肌問題の快復策としては、日々の食事を良くすることは始めのステップですが、確実に睡眠時間を確保し、外での紫外線や肌に水が少ないために起こる問題から、皮膚をカバーすることも美肌を手に入れるコツです。